先輩カップルの当日の様子をお届けします

- PARTY REPORT -

2013.4.17お二人の新たな門出の場所

挙式日 : 2013年2月16日   お名前 : 雨森 良太様 美世様



① 会場の決め手はなんですか?

一番の決め手は「チャペル」です。二人での話し合いの中で、和やかな人前式よりも厳かな雰囲気の教会式に
魅力を感じていました。会場を見学させて頂いた時に、大きな扉、教会内の雰囲気に、ほぼ一目惚れしたのを覚えています。
また、一番最初に結婚式場の見学、相談に行ったのが「ル・アンジェ教会」だったので、そのファーストインプレッションを大切にし、
二人の新たな門出の場所として決めさせて頂きました。



② 挙式の感想は?

二人にとっての理想通りの結婚式を挙げる事が出来ました。結婚証明書へのサイン、指輪の交換、ユニティキャンドル点灯等、
一つ一つに緊張感があり、最初から最後まで感動的でした。

新郎様:挙式が始まるまでは緊張も無かったのですが、チャペルの大きな扉を抜けた瞬間、一気に緊張感が高まり、チャペルの中では
ゲストの緊張感まで伝わってくる感じがしました。ゲストの皆様からはこれ以上ない祝福を受け、とても幸せでした。

新婦様:バージンロードがとても長く感じたのを覚えています。今まで育ててくれた両親への感謝の気持ち、自分自身の人生を
振り返ると、涙を堪えることができませんでした。時間に置き換えると少しの間でしたが、とても大切な時間を過ごさせて頂きました。



③ パーティーの感想は?

挙式とは雰囲気を一新し、アットホームな雰囲気の中で披露宴を楽しむ事が出来ました。私たちも挙式とのギャップを演出したく
計画していましたが、挙式時とはまた違ったゲストとの距離の近さを感じることができ、何か一体感のある賑やかな披露宴になった
のではないかと思っています。
料理も美味しく、あっという間に楽しい時間が過ぎ、披露宴が終わりに近づくにつれて寂しさを感じる程でした。



④ こだわった点は?(演出など)

結婚式、披露宴共にテーマとしていたのが、あくまでも「シンプル」な演出でした。
「簡素化」=「シンプル」ではなく、「シンプル」な中にも二人の想い、こだわりを持って、料理や会場の装飾に気を配りました。
派手過ぎない、柔らかな空気感の中で過ごせる空間の演出が出来たのではないかと思います。



⑤ スタッフの対応は?

私たちと同世代のスタッフの方が多く、何でも相談しやすい環境にありました。また相談時には私たちがわからない点があれば
迅速に応えていただき、「さすがプロフェッショナルだな」と感じたほどです。
挙式当日には私たちの引き立て役に徹していただき、楽しい時間を過ごせたのも全てのスタッフ方々のご助力があってのことだと
感謝しています。



⑥ これから結婚されるおふたりへアドバイス

アドバイスになるかわかりませんが、私たちが大事にしたものをいくつか挙げさせていただきます。
①いっぱいケンカしましょう…ケンカした分だけ、いいものができるはずです。
②直感を大切にしましょう…あれこれ悩んで煮詰まった時は、原点(第一印象)に戻りましょう。
③妥協はしない…一生に一度きりです。後悔だけはしないように。
④ワガママになりましょう…主役はあくまでも二人なんですから。
⑤新婦第一…主役の中の主役です。新郎(男性)の理解が大事です。
…こんな感じでしょうか。少しでもお役に立てれば幸いです。

line

京都の結婚式場 - 北山ル・アンジェ教会公式サイト
TEL 0800-816-2512(通話無料)
受付時間:平日10~19時/土日祝9~19時/火曜定休(祝日除く)

お気軽にお問い合わせ下さい。